町長室

町長室

笑顔と夢が膨らむ町に邁進します

御宿町長 石 田 義 廣

 

 昨年の12月に執行されました町長選挙におきましては、皆様の心温まる絶大なるご支援をいただき、引き続き4期目の町政の重責を担うこととなり、身の引き締まる思いであります。〝全ては町民のために″を深く心に刻み、町民の皆様の幸せ実現のため全力を尽くします。
 いくつかの重点施策を申し上げます。
 まずコロナ禍にあって“コロナに負けない、コロナに強いまちづくり”を進めます。人口減少の中にあって、ピンチをチャンスに変えるべく新しい生活様式、新しい働き方としてのテレワーク(本社、事務所に出勤せず、自宅近くの事務所などで仕事をする)、サテライトオフィス(都会から離れた地に小規模事務所を構え仕事をする)など、企業誘致策を積極的に進めてまいりたいと思います。増えつつある空き家を活用し、移住定住施策を推進します。
 防災対策について引き続き災害に強い安心安全な町を目指します。新型コロナウイルス感染防止を踏まえた防災備品のさらなる充実を図ります。防災訓練について大型台風の襲来や新型コロナウイルス感染症など、あらゆる災害に対応するため、新たな訓練の在り方について消防団、各区自主防災会と連携し実施します。より一層、消防団施設の充実を図ります。
 福祉施策について、新しい生活様式に対応したリモート医療体制(病院に行かずにICTを活用し医師の診断を受ける)に地域医療機関とともに取り組みます。いすみ医療センターとも連携し在宅訪問医療の実現に向け動きます。サービス付高齢者住宅など福祉施設の誘致に取り組みます。実谷地区の〝寄茶場″や御宿台地区の〝ふれあいの家″など住民交流が各地区でも取り組めるよう支援します。御宿駅のエレベーター設置事業については、国、JRへ設置に向けた働きかけに努め、実現を目指します。
 教育施策の充実を図ります。各学校施設の老朽化と併せ、児童生徒数の減少が続いていますので、学校の適正配置を検討します。老朽化の進む町歴史民俗資料館の旧御宿高校への移設と図書館(室)の併設を検討します。
 子育て施策について出産育児祝金の支給や高校3年生までの医療費の無料化など様々な子育て施策を継続して実施します。
 観光と各産業振興策について、岩和田団地跡地利用計画について地主である御宿岩和田漁業協同組合や各関係団体と協議連携し、観光・漁業振興に資する拠点づくりを進めます。コロナ禍で中断しているライフセービングやビーチバレーボール大会などのマリンスポーツ、中央国際高等学校の体験学習などについて関係機関と安全対策を協議し早期開催に努めます。
 農業各団体のご理解とご協力を得ながら営農組合の設立等を支援し、農業の6次産業化を図ります。有害鳥獣対策のより一層の拡充を図ります。
 公衆トイレの美化環境を充実し、来訪者へのおもてなしを徹底します。
 環境整備についてより一層きれいなまちづくりに挑戦します。街路景観の整備ときれいな砂浜の維持を専属で行う全町公園課の設置に向けて行政組織の改革に取り組みます。また、御宿駅裏休耕地の地権者の皆様のご協力を得て環境整備を行います。
 文化の振興に努め、人が輝き世界に開く文化のまちづくりを進めます。1609年にみる世界に誇る人命救助の史実を原点に、国際交流事業を進めます。日本メキシコ学生交流事業について、事業開始当初の日・墨両国政府の支援の下で実施できるよう復活を目指します。
 まちづくりの基盤整備について、県道勝浦布施大原線バイパス(上布施-実谷-御宿台-須賀-国道128号線)について関係者の皆様のお力を頂きながら、早期完成に向け働きます。地籍調査の実施に向け具体的な検討に入ります。
 議会をはじめ広く町民の皆様のご理解とご支援をいただきながら、〝笑顔と夢が膨らむまち″の実現に全身全霊を注ぎ邁進します。
 結びに皆様の益々のご健勝ご多幸を心からお祈り申し上げまして、新年のご挨拶とさせて頂きます。

 

公務日誌 

 平成31年度(令和元年度)4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月  12月 令和2年1月 2月 3月

 令和2年度  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 令和3年1月 2月 3月

 

交際費 

 令和2年度

 

 【問い合わせ先】総務課 0470-68-2511

担当課:総務課

ライフシーン別検索