メキシコ・スペイン交流展示コーナーのご案内

メキシコ・スペイン交流展示コーナーのご案内               (日本・メキシコ・スペイン400年の歩み。) 

 御宿町は、1609年、ヌエバ・エスパーニャ(当時、スペイン領で現在のメキシコを中心に広がる地域及びフィリピンなど)のガレオン船サン・フランシスコ号が御宿町岩和田沖に漂着し、村人に救出された史実に基づき、メキシコ・スペイン両国と交流を図っています。

概要 

展示場所:役場2階 正面玄関(エントランスホール)

展示時間:月曜日から金曜日、8時30分から17時15分まで(祝日を除く。)

展示内容

徳川家康公の時計(復刻品)                            

     

 岩和田沖に漂着し救助された前フィリピン臨時総督ドン・ロドリゴ・デ・ビベロらの帰国への便宜を家康公が図ったことへの答礼として、スペイン国王フェリペ3世より送られた洋時計(復刻品)です。家康公没後は、久能山東照宮(静岡県)に納められました。この復刻品は静岡商工会議所が製作し御宿町に寄贈されたものです。

 

サン・フランシスコ号漂着400周年記念事業

  2009年(平成21年)9月に行われた記念式典(皇太子殿下のご臨席を賜り、また多数の関係者のご出席をいただきました。)を紹介しています。その際、メキシコ合衆国より「友好の絆」として寄贈された「抱擁」像(ラファエル・ゲレロ・モラレス作)についての説明があります。

※「抱擁」像は、太平洋を挟んだ日本・メキシコの永遠の友好を象徴し、現在メキシコ記念公園先端部に設置されています。

 

スペイン国王のお言葉、イサベル女王勲章徽章 

 2009年(平成21年)9月に行われた記念式典の際、スペイン国王ファン・カルロス1世陛下より、1609年の史実に関してお言葉(スペイン国より感謝の意を表するとともに、ここに日本とスペインの末永い友好と深い絆の証を刻む。)をいただくとともに、スペイン国より御宿町民に対し、日本の団体では初めてイサベル女王勲章徽章が授与されました。

 

     ※交流展示コーナー位置図

※「エントランスホール」が展示場所となります。  

       ①②保健福祉課             ③議会事務局   

 

 

 

 

担当課:総務課

ライフシーン別検索