人・農地プランの実質化の公表について

人・農地プランの実質化について

農地中間管理事業がスタートして5年目の区切りを迎えたことから、事業を一層推進するため国により制度が見直されました。その見直しの軸とされているのが、「人・農地プランの実質化」と呼ばれる取り組みです。地域農業の発展のために、御宿町でも「人・農地プランの実質化」に取り組むこととしております。

1. 人・農地プランとは

人・農地プランとは、地域の農業者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など「人と農地の問題」を解決するため、平成24年度から市町村が地域の話し合いを基に、5年後、10年後の地域の農地利用を担う中心的な農業経営体や将来の農地利用のあり方、近い将来の農地の出し手や地域農業のあり方を取りまとめたもので、未来の設計図とも呼ばれます。

2. 人・農地プランの「実質化」とは

地域により人・農地プランの話合いの内容に差が出てきている現状があります。人・農地プランの実質化とは、地域の農業・農地をしっかりと守るため、地域の話合いにもう一度イチから取り組むことを言います。

3. 既存プランの実質化の判断について

地区内の50パーセント以上の農地について、農地の出し手と受け手が特定されている場合は、「実質化された人・農地プラン」とみなすことができます。つきましては、「既に実質化していると判断する区域」及び「人・農地プランの実質化に向けた工程表」を以下のとおりに公表いたします。

既に実質化された「人・農地プラン」の公表について

 人・農地プランの具体的な進め方について(令和元年6月26日付け元経営第494号農林水産省経営局長)に基づき、現在の高山田人・農地プランの区域の全部が既に実質化されていると判断しますので、次のとおり公表します。
 〇既に実質化していると判断する地区(pdf)

人・農地プラン実質化に向けた工程表の公表について

農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)の一部改正に伴い、「人・農地プランの具体的な進め方について」の5の(1)の(5)に基づき、人・農地プランの実質化に向けた工程表を公表します。

 〇人・農地プラン実質化に向けた工程表(pdf)

問い合わせ先 : 御宿町産業観光課農林水産班(TEL 0470-68-2513)

 

担当課:産業観光課

ライフシーン別検索