黄熱に関する情報提供

2015年12月以降、アフリカのアンゴラ及びコンゴ民主共和国を中心に、黄熱の流行又は発生が確認されています。

黄熱は、黄熱ウイルスによる感染症であり、デング熱やジカウイルス感染症と同様にウイルスを持った蚊を介して感染します。

発症すると、発熱、頭痛、筋肉痛、嘔吐などの症状が現れ、死に至ることもある病気ですが、黄熱には有効な予防接種があり、発症を防ぐことができます。

黄熱に感染する危険のある地域(黄熱リスク国・地域)に入国する際は、入国の10日前までに黄熱の予防接種を受けるようにしましょう。 国によっては、入国に際し黄熱の予防接種証明書(イエローカード)の提示を求められる場合があります。

また、黄熱リスク国・地域では、その他の蚊媒介感染症(デング熱など)の流行も見られることから、長袖、長ズボンの着用や虫除けスプレーの使用などにより蚊に刺されないように注意しましょう。

◆黄熱リスク国・地域及び黄熱予防接種証明書(イエローカード)の要求国については、厚生労働省検疫所(FORTH)ウェブサイトを確認してください。


関連リンク【外部】

厚生労働省ホームページ「黄熱について」

厚生労働省検疫所(FORTH)海外感染症情報

厚生労働省検疫所(FORTH)海外感染症情報「黄熱について」

外務省 海外安全ホームページ

担当課:保健福祉課

ライフシーン別検索