固定資産税及び国民健康保険税の課税誤りについて

 

平成31年3月12日

御宿町税務住民課

 

  固定資産税及び国民健康保険税の課税誤りについて

 固定資産税及び国民健康保険税の課税額の算出に当たって使用する固定資産評価基準に係る角地の場合の補正係数の取扱いに誤りがあり、固定資産税(平成21年度分から平成30年度分)と国民健康保険税(平成21年度分から平成28年度分)について、本来の税額より多く賦課徴収をしていました。

 納税者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

 できる限り早期に返金を行うとともに、今後は、関係法令の改正等の情報を確実に把握するとともに、チェック機能を強化し、適正な事務処理の確保に努め再発防止と納税者の皆様の信頼の回復に全力を挙げて取り組みます。

 

◎返金の総額

  固定資産税

  対 象:734件 本税額:6,534,000円 還付加算金:381,900円

  国民健康保険税

  対 象:84件  本税額:144,400円 

 

  ◎今後の対応

対象の方には、3月下旬以降、順次、固定資産課税を正しく計算した書類及び返金となる金額を記載した書類を送付させていただきます。

  また、返金をする際のご案内を併せて送付させていただきます。

 なお、国民健康保険税が該当となった皆様へは、改めて文書を送付させていただきます。

 

 

 

担当課:税務住民課

ライフシーン別検索